HALが運営するグループホームは障がい者総合支援法にもとづく障がい者福祉サービスのひとつです。
これは障がいを持つ人達が地域社会に溶け込んで生活できるよう、共同生活をする場所を指します。4人〜6人程度の共同住居の形態をとり、食事・洗濯・掃除などをスタッフと入居者が共同でおこないます。 共同住居は一般的なアパートや一戸建てなどを改築して使用する場合が大半です。