入居のご案内

 
グループホームには、「サービス管理責任者」と「世話人」と呼ばれるスタッフが必ずいます。
サービス管理責任者は入居者の人生設計における重要な相談に乗ったりアドバイスを行うほか、日中活動の事業者や各自治体との調整等を行います。
世話人は入居者の家事や食事といった生活における支援を行ったり、日常生活上の相談に乗ったりします。
弊社グループホームのスタッフは障がいを抱えつつも地域に密着した生活を送り、社会生活に参加することを希望される皆様のお手伝いをさせていただきます。
 
 

グループホームとは

 
障がいを持つ方で、地域での共同生活に支障がない方が共同生活を営む住居において主に夜間、日常生活の相談や援助を行うものです。
入居者の方々の利用目的も「自立のため」「退院後の住まいとして」など様々です。
詳細についてはこちらをご覧ください。
 
 

支援・援助の内容

 

  • 入居者の自立した生活に向け、食事・掃除・洗濯など身の回りの事に関してお手伝いいたします。
  • 通院に関するアドバイス・支援、その他入院時のお手伝いや付添を行います。
  • 金銭面でのやりくりに関してアドバイス・援助を行います。
  • 入居者の方々が必要とする様々な行政関係の手続き等をお手伝いいたします。

 
 

対象となる方

 
知的障がい・精神障がい・身体障がい・難病を持つ方で、入居者同士の関係を良好に保ち、共同生活を送ることに支障がない方
※ホームの和を第一に考慮して決めさせて頂きます。お気軽にご相談ください。
 
 

入居までの流れ

 
HALが運営するグループホームにおける入居までの流れです。
 

1.相談 電話・メールなどで入居について不明な点やわからない事があればお気軽にお問合せください。 またグループホームの事を詳しく知りたい、生活の場がみつからないなど、お困りの点があればご相談ください。
※実際のご見学・体験入居ついてのお問い合わせにつきましては、お住まいの地域の障がい福祉課の担当者または相談支援事業所の担当者、病院のケースワーカーやソーシャルワーカーの方からのご連絡のみの受付となっております。
2.見学 グループホームがどのような場所なのか、一度ご覧ください。 実際に入居者の方が生活している場をご覧いただくことで、具体的なイメージが湧くでしょう。
3.ヒアリング・面会 弊社担当者がご本人やご家族の方と直接面談させていただき、現在の状況等をお伺いいたします。
4.内容説明 弊社グループホームの取組みや理念、またご契約の内容等についての概要をご説明いたします。
5.入居の可否の確認 安全面などから実際に入居が可能かどうかの確認を行います。
6.体験入居※ グループホームがどういった所なのか、体験してみていただきます。聞いたことはあるがよくわからない、何をすればよいのかわからないといった不安点が払拭される筈です。こちらはあらかじめ期間を決めたうえで日程調整を行います。
7.市町村への申請 ご入居には「障がい福祉サービス受給者証」が必要となります。これはご本人が直接申請していただく必要があります。 申請自体は障がい者手帳と書類の提出でできますので、詳細についてはご相談ください。
8.入居準備 家具や衣料品をもちこみ、居室の準備を行います。
9. 利用契約 ご入居にあたって、確認事項、注意点などを詳しく説明させていただきます。その後具体的な入居契約となります。
※ご入居にあたっては身元保証人が必要となります
10.入居開始 落ち着いた環境で、仲間との新しい生活が始まります。

※体験入居につきましては、お急ぎの場合は弊社側で設定した一泊料金で可能です。公費負担をご希望の場合は市役所へ「障がい福祉サービス受給者証」の申請を行い、受領したのちとなります。受給者証の発行は毎月20日締め申請で翌月1日の発行となります。
 
 

体験入居について

 
体験入居時の料金は下記の通りとなっております。詳細はお問合せください。
 

家賃 施設により異なる
食材料費 施設により異なる
水道光熱費 施設により異なる
日用品費 施設により異なる

 
 
 

見学について

 
HALの運営するグループホームでは、地域でのひとり暮らしに不安のある障がいをお持ちの方のサポートを行っています。グループホームの見学については随時受け付けておりますので、お気兼ねなくご相談・ご連絡ください。
ご相談・ご連絡はメールまたはお電話で受け付けております。